結婚観と性別の関係

男性の結婚観について考えてみましょう。
男性へのアンケートで結婚したいと思っているかと言う問いに対して半数の人がイエスと答えています。
一人が寂しい、子どもが欲しい、年齢的に結婚の時期、周りが結婚していると言ったことが理由です。
それぞれの理由はもっともなことですが、それは結婚のメリットと考えているのでしょう。
結婚すればいろいろないいことがあると思うのです。
メリットのある結婚を考えるならば、結婚相手に求めるものは多くなることでしょう。
しかし、そのメリットが女性から見た場合どうなのかを考えなければなりません。
男性から見たメリットだけで、女性側ではデメリットとなるなら、そんな結婚は成り立ちません。
結婚相手に求めるのは同じ価値観を持っている人と答える人が半数以上います。
現実問題として同じ価値観を持っている人がそんなにいるでしょうか。
男性と女性の違いと言うだけでかなり価値観が違います。
若い時は違っていても、長い間一緒に暮らしていることで考え方も変わってくるでしょう。
価値観の違いがトラブルに発展することは予想されますが、それを夫婦喧嘩と呼ぶのです。
現代人は夫婦喧嘩をするよりも離婚を選んでしまうのでしょう。
何歳くらいで結婚したいかと言う点では30歳が一つの区切りのようです。
早いうちにと考えている人は30前に結婚しています。

30を越えると考えが変わるのでしょう。
社会的に認められるためにも結婚は大事です。
子の人と言う相手がいたら、チャンスを逃さないようにしましょう。

離婚に対する社会的評価の変化

男性が望んで結婚しても、どうしてもうまくいかず離婚に至ってしまうカップルは少なくありません。
特に現代では、無理に我慢して結婚生活を続けるよりも、離婚して新しい人生を歩みたいと思う人が増えているのでしょう。
結婚にメリットを感じなくなってしまうのでしょうか。
男性から見ると子どもの問題が一番重要です。
多くの場合は、子どもは母親についていきます。
もちろん、それぞれの過程で事情は異なっていますから一概にどちらがいいと言うことではありません。
若いカップルの離婚よりも、中高年の離婚の方が深刻ではないでしょうか。
結婚をしていない人が考える結婚のメリットの一つとして、二人でいればいろいろなことが楽しくなると言うことがあります。
中年になって離婚を言い渡されてしまった男性は、それからの人生をどうすればいいのか途方に暮れてしまうでしょう。
結婚にはメリットとデメリットがあります。
いいことばかりではありません。
我慢しなければならないことも少なくないでしょう。
それでも夫婦が別れないのは理屈ではありません。
長い人生の中で夫婦でいる時間が長くなれば、相手のいいところだけではなく悪いところも見えてきます。
それらすべてを受け入れることが夫婦と言うものでしょう。
結婚したい相手として価値観が同じ人、同じ趣味を持っている人が上げられています。

理由はわかりますが、そのような人が簡単に見つかるとは思えません。
結婚すればあなたにもわかるはずです。

更新履歴